プーケットサンドボックス制度-タイ入国情報

プーケットサンドボックス

プーケット観光客受け入れ開始/プーケットサンドボックスについて

プーケットにて観光客受け入れが開始しました。その名もサンドボックス!

日本も受け入れ対象国に入りましたのでプーケットへのご旅行がついに再開です。

​それではプーケットサンドボックスの詳細を詳しくご紹介します。

=phuket sandbox=

1:プーケットサンドボックスとは

プーケットサンドボックスとは、2021年7月1日から新型コロナウイルスワクチン接種済みの外国人観光客は隔離措置が免除され、プーケット県内を自由に旅行できるというタイ政府が試験的に開始した観光再開計画です。今までは14日間はプーケット内から出ることはできませんでしたが、なんと!7日間プーケットへ滞在したのち、タイ国内への移動も可能。もちろん、7日以内のプーケット滞在も可能です。

2:プーケット入国に対する必要書類について
​(ステップ1)

プーケットへ入国するにあたり、必要な書類を事前に用意しておかなければなりません。今までのように航空券とホテルを予約すれば入国できるわけではないので、そこが注意!

​それでは必要な書類をご紹介いたします。

​その1:海外旅行保険

新型コロナウィルス感染症及び関連疾患の治療費を含む10万USドル以上の治療補償がある医療保険証(タイ滞在中の全期間、補償される保険に限ります)が必要です。

※10万ドル以上とハードルは高いですが、旅行保険ではほとんどがカバーされている金額範囲なので特に高額な保険料ではありません。コロナがカバーされていることが必修となるため加入時には注意しましょう。

​参考資料:https://www.207207.jp/info/corona.html

その2:ホテルの宿泊支払い済み予約確認書とPCR検査予約金支払い済み証明書

SHAが認定しているホテルの宿泊支払い済み予約確認書とPCR検査予約金支払い済み証明書が必要です。

※一般のホテル予約サイトでの予約でも問題ありませんが、必ず宿泊されるホテルからSHABAの宿泊証明書と、
滞在期間に対してのPCR検査代は前もって支払わないといけません
支払い方法などは、ホテル側で手続きをしてくれます。また、領収書を発行して貰えます。

ホテルはSHA指定されているホテル限定のためどのホテルでも滞在できるわけではありません。

必ずSHAが指定しているホテルを予約してください。

ホテルトップページなどにSHAのロゴが付いているホテルとなります。

SHAロゴ

<下記からもご予約いただけます>

SHA+承認を受けたホテル

https://www.thailandsha.com/shalists/

=PCR検査について=

PCR検査は空港到着時に1回目(空港で検査)、滞在6日目または7日目に2回目(ホテルで検査)の検査を受けることが義務付けられています。

=ホテル予約と同時に空港からホテルまでのタクシーを予約すると安心です=

空港にもタクシーは常時待機していますが、ホテル予約と同時に空港からホテルまでのタクシーを予約しておくと安心です。

※空港待機のタクシーの料金はマチマチです。

※ご到着のお客様の数が多い際は待ち時間が長いことが予想されます。

​※上記ホテル予約ページでタクシーについても簡単に予約できます。(ホテル予約時に一緒に予約も可能です)

安心・安全・快適・のためにも事前に予約しておくことをお勧めいたします。

その3:往復航空券

現在プーケットへ来られる航空券についてはシンガポール経由での航空券のみとなります。

(バンコクを含むその他の国からの乗り継ぎでの入国はできません)

※航空券については往復で必ずご購入ください。同じ予約番号のみの発券が必要です。

その4:ワクチン接種済み証明書(ワクチンパスポート)

WHOが承認した新型コロナワクチン接種を出国14日前までに規定の回数を接種した証明書(英文)

<英文ダウンロードは下記からお願いします>

http://site.thaiembassy.jp/jp/news/announcement/10248/

まずは上記ご案内した4つの書類を用意しましょう。

こちらの4つの書類についてはこの後紹介する入国許可書を申請する際に必要になります。

​また、入国後や乗り継ぎの際に提示を求められることが予想されますので、同じ書類を最低でも3部ずつ、別途コピーして出発時に持っていくことをお勧めいたします。

3:タイ入国許可書(COE)申請方法
​(ステップ2)

タイ入国許可書

上記でご案内した4つの書類が用意できたら、次はタイへ入国するために必要な入国許可書(COE)を申請します。こちらは個人で申請が必要になりますがインターネットから簡単に申請可能です。申請完了したのち、書類が送られて参りますのでこちらも同じように3部ほどコピーを取っておくと安心です。

<申請ページ>

https://coethailand.mfa.go.th/

​※(英文/中国語のみのページですが翻訳機能を使えば簡単に申請できます)

※申請完了から入国許可証(COE)発行には最長3営業日を要します。

4:最終ステップ
​(ステップ3)

​プーケットサンドボックス参加に必要な書類の最終ステップです。

プーケットへ入国する72時間以内に取得したPCR検査の陰性証明書が必要です。

出発の前に病院などで取得しましょう。

※英文での取得をお願い致します。

※病院で使用目的を話せば英文で発行いただけます。

※こちらの念のため3部ずつコピーしておきましょう。

​※18歳以下の親御様とご同伴のお子様についてはワクチン接種は不要ですが陰性証明は念のため取得しておきましょう。

​5:出発準備完了-プーケットサンドボックスへ出発

書類の準備は完了しました。​プーケットサンドボックスへ出発です。

出国する前に、追跡アプリケーションThailand plushttps://thailandplus.in.th/th/)というアプリをダウンロードしておきましょう。

なお、空港で別の追跡用アプリケーションMorchanaのダウンロードを求められるようです。その際はダウンロードをお願い致します。
 

​プーケットへ到着後、PCR検査を受けタクシーでホテルへ向かいます。

​ホテル到着後は空港で受けたPCR検査の結果が届くまではホテルから出ることができません。

検査結果は先ほどご案内した追跡用アプリケーションMorchanaでも送られてくるようですが

ホテルから結果のお知らせが入ります。

※検査結果は当日には判明するとのことですがお時間によっては翌日になることもあるようです。

結果が陰性と報告を受けた後は、プーケット内を自由に観光することができます。

もちろん、タトゥーの施術も可能です。

タトゥー施術については事前にご予約が必要となります。

ご予約のないお客様でも施術は可能ですが、彫師が確保できた場合となります。

そのため、事前にWake up Tattooへ確認のご連絡を入れることをお勧めしております。

※お店を閉めていることもございますので不在時は下記へ記載しておりますご連絡先までご一報ください。

<滞在中の決まり事>

滞在6日目または7日目に2回目(ホテルで検査)のPCR検査を受けることが義務付けられていますのでお忘れなくお受けください。

【その他注意点】

※タイ到着後、プーケット・サンドボックス・プログラムの利用対象資格を満たしていないことが判明した場合、隔離措置施設(ALQ)にて7日間の隔離が求められます。又は、直ちにタイから出国する措置が取られます。

※プーケット7日間滞在後、他県への移動を希望する場合は、プーケット滞在期間中に実施した全回数分のRT-PCR検査を用いた新型コロナウィルス非感染証明書の提示が求められます。

 

※上記の内容は予告なく変更する場合があります。

なお、もっと詳しいサンドボックスの情報やホテルの情報が記載されている下記サイトを見つけましたので

​ぜひご覧ください。

◆プーケットサンドボックスについて◆

https://www.thailandtravel.or.jp/phuket-sandbox/

OPEN EVERYDAY

12:00-23:00

ADDRESS

74/22 Soi Banzaan Nanai Rd Patong Beach Kathu Phuket 83150 Thailand

PHONE

+66(0) 84 878 5875

<タイ語と英語> 名前 : Pu

+66(0) 93 910 7628

<日本語> 名前 : 小泉

E-Mail
  • Facebook by Wake up Tattoo Phuket
  • Google+ by Wake up Tattoo Phuket
  • Pinterest by Wake up tattoo Phuket
  • Instagram - Grey Circle
ラインID

タイ入国に関する詳しい情報は下記をご確認願います。

・在東京タイ王国大使館

http://site.thaiembassy.jp/jp/

​・在タイ日本国大使館

https://www.th.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

※タイから帰国する際の日本入国についてはお客様にて在東京タイ王国大使館へご確認くださいませ。